運動の順序についてです。

ここではスポーツジムでの運動の順序としてまとめておきます。

結論からいいますと



無酸素運動 → 有酸素運動 の順序で運動しましょう



さて順番の根拠ですが、これは運動で消費するエネルギが

マシントレーニングのような無酸素運動では体内の糖を、

ジョギングなどの有酸素運動では脂肪由来のエネルギを主に

消費するからです。先に無酸素運動で体内の糖を消費しておくことで、

その後の有酸素運動では早い段階から脂肪由来のエネルギの消費が

活発になることを期待するためです。



また無酸素運動によって分泌された成長ホルモンによって

脂肪が消費されやすい状態になり、このタイミングで有酸素運動を

行うと脂肪燃焼効果を促進してくれる効果があるそうです。



そもそも有酸素運動のほうが一般的には長い間継続しますので

仮に30分も走った後に重たいベンチプレスを上げるのは筋肉が

疲労してしまい厳しいと思われます。逆にある程度高負荷で

筋トレを行ったとしても、有酸素運動は運動強度を落とす、

すなわちペースを落とすという方法で継続することが可能なのです。

無酸素運動の後に有酸素運動をしたグループの方が

トレーニング効率が良かったという研究報告もあるそうです。



筆者は、具体的な運動をする順番は以下の通りとしています。



1.静的なストレッチを十分に行う。



2. 軽い有酸素運動を10分程度行う。ウォーミングアップですね

  この運動により、心拍数をあげ、また筋肉を温ためます。



3. マシントレーニングを行います。



4. 最後に有酸素運動を20分以上行ないます。



5.運動後も静的なストレッチを十分に行いましょう。



ただしこれはダイエットを目的としたものです。

しかも体内の脂肪量を減らすことを想定しています。

トレーニングの教科書によれば「プライオリティーの原則」から、

「最も重要なもの」から行うべきとされているそうです。

ボディビルダーのようなマッチョな体系を目指す方は

その日の目的とする部位のトレーニングを最重要に行うべきでしょう。

疲労する前にその運動に全力であたるべしw