繰り返しになりますが、

「体脂肪が燃焼するのは運動開始から20分後から」は間違いです。



体脂肪の分解は生命活動中は安静時でも就寝中でも行われています。

運動初期に使用されるエネルギーは、性質上迅速にエネルギーに

変換されやすい糖に由来する割合が多く、ゆっくりと変換される

脂肪由来の割合が少ないとのこと。使用されるエネルギーの割合の話。

有酸素運動で体脂肪消費を目的とするならば持続的な運動が望ましく、

そのめやすが20分たつと脂肪由来のエネルギーの使用割合が増大化

するというのが正しい説明となります。



さてカフェインを摂取すると脂肪燃焼効果をあげると紹介しました。



カフェインは、脂肪を分解する酵素であるリパーゼを活性化させる

働きがあり、脂肪酸を血中に放出させることで、脂肪が活動エネルギー

として使用されるようになります。簡単に言うと、運動時の

エネルギーとして脂肪が使われやすくする働きがあります。

これは科学的に証明されております。

より正確には20分よりも早い段階から

「脂肪由来のエネルギーを使用する割合を増やしてくれる」

ということになります。



では、ちょっと前にはやりました「燃焼系 アミノ式」とか有名な

「VAAM」などの運動前に飲むアミノ酸ドリンクはどうでしょうか?

効果として狙っているところはカフェインと同じように思えます。



確実にいえることは、アミノ酸を飲んだからといって、

余計に脂肪エネルギーが使用されることは無いということです。



あくまでも脂肪をエネルギーに分解しやすくする手助け、

カフェインも同様ですがその結果、生成されたエネルギーは

有酸素運動などで使用しなければまた脂肪に戻ってしまいます。

脂肪由来のエネルギを何も運動しないで消費してくれるような薬は

存在しないしあったらちょっと怖いですw



カフェインの薬理に比べるとアミノ酸の脂肪燃焼効果については、

研究の歴史が浅いこともあり、まだはっきりしたことはわかっていません。

アミノ酸は20種類以上の複雑なバランスで効果が発揮されるため

脂肪燃焼というポイントのみに着目した服用は危険という説もあります。

ある特定のアミノ酸だけを多量に摂取して特定の効能のみを得ようという

発想そのものが危険という考え方です。



http://www.dr-supplement.com/column/clmn_0005.html

>アミノ酸ブームに対しての警鐘





内容を要約しますと、

アミノ酸飲料による効果はあまり期待できないそうです。

理由として



①「アミノ酸の量が少ない事」

②「アミノ酸の脂肪燃焼効果に根拠がない」→科学的に検証が浅い



アミノ酸の量に関しては、効果を発揮するには、

4000~6000mgの摂取が必要とされるそうですが

これは一般的なドリンクだと2リットルくらい飲まないとw



ちゃんと効果を狙うアスリートはサプリメント(錠剤)で大量摂取です。

また肉体へのケアを専門に行うドクターやトレーナーがついているわけです。

サプリメントとしてのアミノ酸はちょっと高価です。

150円そこらで購入できるドリンクに含まれるアミノ酸では効果が弱いようです。



http://allabout.co.jp/fashion/diet/closeup/CU30030712A/index.htm

>アミノ酸ダイエットのウソ?





なお、「VAAM」などを摂取すると運動時に大量の汗をかいた気に

なったりするのは「VAAM」に含まれている炭水化物や糖質の効果と

思われます。つまり体内に即時使用可能な糖質をある程度摂取して

しまったわけです。そのこと自体は運動を長く継続するという意味では

安全で良いのですがダイエットという側面からすると余計な糖質の

摂取につながっています。

※「VAAM」の代わりに運動30分前におにぎり食べても効果は同じとかw



筆者は上記のような情報から、カフェインによる脂肪燃焼の促進効果を

狙ってブラックコーヒーを飲んでおります。またコーヒーは300cc程度を

有酸素運動の20~30分まえに摂取すれば効果があるという研究結果もある

為、ある程度信頼しても良いかなと思っています。



※これはあくまでも独学での判断ですので当てにしないで結構ですw